Facebookでの集客は日に日に厳しくなっています。

ここではそんなFacebookのイベントページを使って集客する際のコツをご紹介しています。
今回は「理念をちゃんと書きましょう」というお話です。 

前回の記事はこちら↓ 

Facebookイベントページで集客するコツ 〜事前準備編〜

NewImage

 

スペックは最重要ではない

人は「共感」したものに対しては
身銭を切って応援したり、損得抜きに協力したりします。

例えば、アイドルオタク。

コスパや損得関係なく、
何万円も出して握手券を買ってくれたりします。

では、かわいければ売れるかというと、そうではありません。

 

かわいい子は世の中にたくさんいますが、
かわいい順に売れているわけではないでしょう?

人が共感するのは方法論や性能=スペックではないのです。。
もちろんスペックは重要ですが、最重要ではありません。

「こんなにすごいですよ」
「こんなことができますよ」
「こんな機能がついていますよ」
と言われても、 「なるほど」と思うだけ。
それがその人を強烈に突き動かすことはないのです。

「今買わなきゃ損ですよ!」
というようなセリフでも無理やり動かすことはできますが、
それは脅しと同じです。
「安いよ安いよ」と何度も言っていたら、いずれは見向きもされなくなります。 

 

人は理念に共感する

では、どうすれば共感してもらえるのか?

それは「理念」「夢」「思い」、そして「なぜやるのか?」
を提示することです。 

人は方法論やスペックではなく、「思い」に共感するのです。
How?ではなく、Why?の部分。 

 

そして、思いに共感してくれた人は、自発的に動いてくれたり、
身銭を切ってでも、忙しい時間を割いてでも応援してくれるようになります。 

 

<関連記事>
まずWhyから始めよ!インスパイア型リーダーはここが違う

 

事例

 例えば、

「もみほぐし60分が今だけなんと60分3,000円!」

と言われると、
「また売り込みか…。もっと安いところあるしな」
と思われて終わり。 

 

でも、これが

「僕は高校時代に腰を痛めてしまい、
大好きだったサッカーを辞めざるをえませんでした。
それから『腰痛で苦しむ人を無くしたい!』という思いで
理学療法士になり、研究を重ねてきました。
いまはフリーで出張整体の仕事をしています。
腰痛に悩んでいる方がいたらぜひご紹介ください」

…と言われたらどうでしょう?

 

少なくとも嫌な気持ちにはならないはずです。

そして、ストーリーが魅力的なら

「協力してやろうかな」
「腰痛で困っている人がいたら紹介してあげよう」
「どんな人なんだろう?一度会ってみたいな」 

と思ってくれる人もいるでしょう。

 

まず、「理念」を語る。
「なぜやりたいのかを語る」のが大切です。

 

イベントページにもWhy?を書こう

イベントが乱立し、Facebookも商業的なイベントページに圧力をかけはじめている今。

 

イベントページの中でもWhy?をしっかり提示していくことが大切です。

そして、共感してもらう。

 

そして、自発的に動いてもらい、応援してもらう。

細かいテクニックも重要ですが、まずはそこが重要です。





LINEでお友達登録してくださった方に、教育・ビジネス・心理学・速読関係のちょっとためになる情報や著者すぎやままさかずのセミナー・イベント情報を先行して配信しています。

↓からぜひご登録ください。
友だち追加

(うまくいかない場合はLINEの友だち追加画面から『@zbp5925q』で検索!)