私のミッションについての変遷についてまとめています。

私のミッションの変遷1

私のミッションの変遷2

今回はその2です。

 

 

世界を変えられるとしたら?

「あなたのミッションはなんですか?」

そう聞かれて、パッと答えられる人はなかなかいませんよね?
でも、私は自分の軸をしっかりともつため、またそれを人に提示できるようにするため、徹底的にこれを考えることにしました。

考える際のヒントとなったのは、

「もし世界を変えられるとしたら、どうしたい?」

という問いです。

ミッションというのは人生の最終目標ですから、例えば「お金持ちになりたい」のようなことではなく、もっと壮大で、夢があり、公益性や求心力もあるものだと考えました。
その答えを自分の中から引っ張り出すために、「もし世界を変えられるとしたら、どうしたい?」という問いを掘り下げていくことにしたのです。

 

互いに認め合えること

その結果、出てきたひとつめの思いは

「認め合えるようにしたい」

ということです。
もっとハッキリ言えば、人から「認めてほしい」ということでした。

自分の行動の源泉は、実は「認めてほしい」というところにあったと、ここにきて気付かされました。

心理学者マズローの欲求五段階説によれば、

自己実現欲求

承認欲求

社会的欲求

安全欲求

生理的欲求

…と人間の欲求には5つの段階があります。

そのうちの4番目の欲求が承認欲求で、生理的欲求が満たされ、安全が確保され、どこかに所属したいという欲求を満たした人が次に求めるのが『承認』です。

愛がほしい、仲間がほしい、ほめてほしい、応援してほしい
(逆に言えば…愛したい、仲間になりたい、ほめたい、応援したい)

これらは実は私の原動力になっているんじゃないか?と考えました。
また、同じように多くの人が求めていることでもあると思います。

 

自分らしく生きたい

もうひとつは「自分らしく生きたい」ということです。
自分らしい人生を送りたいということです。

自分がやりたいことをやりたい。
自分が好きなことを追求したい。
自分が楽しいと思える場にいたい。

誰もがそう思うと思いますが、多くの人は「世の中そんなに甘くない」「辛いこともあって当然だ」と、その思いを自分で封じ込めてしまっています。

でもこれが実現できたら、誰もが幸せだと思いませんか?

自分らしい人生を送るためには仕事も重要です。
働き方(キャリア)やライフワークもここで大きく関わってきます。

好きなことを仕事にするには、スキルや知識を磨く必要があります。
また、伝え方(自己表現)も大事です。

 

私のミッション

このような思いから私は、自分のミッションを

 

互いに認め合い、自分らしく生きられる世界をつくる

 

と決めました。

 

詳しくは↓をごらんください。

私のミッション(まとめ)

私のミッション(詳細版)

 

私のミッションの変遷1

私のミッションの変遷2