自分の小さな「箱」から抜け出す方法!まずは相手を人として認めよう!!

投稿日:  カテゴリ: ライフハック
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

朝、通勤する時に、ものすごい勢いで他の車を追い越していったり、強引に割り込んでくる車をよく見かけます。

そのたびに私は思う。
「あぁ、あの人、箱に入っているな。自分も気を付けなくては・・・」と。

『箱に入る』とは、最近話題を呼んだ『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本の中で紹介されている考え方です。

アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星 大和書房 2006-10-19
売り上げランキング : 262
by ヨメレバ


箱に入っているとはどういうことなのか? 今日は『自分の小さな箱から抜け出す方法』をお教えしましょう。

 

『相手の都合』を考慮できなくなってしまう

車の運転をしていると無理矢理割り込んできたり、威嚇するかのようにエンジンをふかしたり、 「どけよ!くそっ!邪魔なんだよ!」とでも言いたげに露骨にイヤな顔をしたりする人をよく見ます。

まぁ気持ちはわからんでもありません。
急いでいるんだろうなーと思います。

こういう人はたいてい『相手の都合』ということが頭から抜け落ちてしまっています。

私も急いでいるけど、相手も急いでいる。
私は急いでいるけど、相手は安全運転を心がけている。

・・・ということを考えられない状態になってしまっています。

こういう状態を『箱に入っている』という。
自分の周りに壁をつくって、相手の都合や気持ち、状況が見えなくなってしまっているのです。

 

私は疲れているんだ・・・!

電車で座席に座っている時、ひとりの老人が同じ車両に乗ってきたとします。

心ある人はここでサッと座席を譲ります。
しかし『箱に入っている』人はこんな時こうする。

・いかにも忙しそうに携帯をいじり、老人に気付かないふりをする。
・寝たふりをする
・不機嫌そうに眉間にしわを寄せうつむく

そして、自分にこう言い聞かせる。 「私は疲れてるんだ・・・!今日も1日働きづめでようやく席に座れたんだ。サッサと誰か席譲れよ!」

皆さんもこんな経験はないでしょうか??

 

私も箱に入っていた

実は私は何度も上記のような経験があります。

車で割り込んだり、強引に追い越したりしたこともあります。
私も箱に入っていたのです。
自分の周りに壁をつくり、相手の都合も考えずに、自分の主張ばかりが正しいと思っていたことがあります。

今でも気を付けていないといつの間にか箱に入ってしまいます。

実は最近もいつの間にか箱に入っていました。
勤務先が変わり、新しい人と出会い、新しい環境で働きはじめたのがきっかけです。

新しい学校には新しい学校なりの理由があり、都合があり、積み重ねがあるのに、いつの間にか「なんでこんなやり方なの・・・?前の職場はよかった」と心の底で思ってしまい、箱に閉じこもってしまっていたのです。

3695647200_466c063223.jpg

 

自分が箱に入ると相手も箱に入る

相手の都合も考えず、自分中心に考えているとどうなるか?

相手も箱に入ってしまうのです。
あなたが相手のことを認めていないのは、相手にも伝わります。

人は『自分が相手からどう思われているか』を感じ取る力を持っているのです。
だからあなたが相手のことを認めていなければ、相手も敏感にそれを感じ取り、あなたとの間に壁をつくります。

周囲が私にだけ冷たい・・・そう思っているあなた。
実は箱に入っているのはあなたの方かもしれません。

 

相手を人として認めよう

では箱から出るにはどうしたらよいか?
それには、まずは箱に入っていることに気付くことが必要です。

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』によれば、それだけで箱から出られるとのこと。

また私は『相手を人として認める』ということが大事だと思います。

人として認める、というと語弊があるかもしれませんが、 つまり、相手はあなたの思い通りに動く人形じゃない、ということを再度自覚しよう、ということです。

相手は人なのです。
相手には相手の都合があります
あなたの思い通りにはいきません。

それを思い出し、相手を人として認めましょう。
そうすれば、お互い箱から出て、良好な人間関係が築けるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook