まずは記録!!168時間後の自分がわかる時間管理術!!(静ラ研Vol.4まとめ #szokhack004)

投稿日:  カテゴリ: ライフハック
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

先日参加した静岡ライフハック研究会Vo.4。

静岡ライフハック研究会Vol.4に参加してきた! #szokhack004

今回ははまさん(@Surf_Fish)の講演から学んだ『168時間後の自分がわかる時間管理術』について書いていきます。

20120512144839.jpg

 

時間管理の基本

はまさん曰く、時間管理の基本は

1.まずは記録を取ること 2.未来を予想すること 3.ツールを使うこと

とのこと。

時間管理というと計画を立てることばかり考えがちですが、まずは記録が大切だそうです。

 

見えない砂と宝石

なぜ記録が大切なのか?

それについて、次のようなたとえ話をしてくれました。

あなたには毎日、1つ、ガラス瓶が与えられる。

ガラス瓶の大きさは毎日同じである。
ガラス瓶はあなたに与えられる1日の時間を表している。

あなたは毎日そこにできるだけたくさん『宝石』をつめこんでいく。
宝石はあなたの『やりたいこと』を表している。
しかし、ガラス瓶には思ったほどは宝石が入らないことが多い。

なぜか?
それは、実はガラス瓶にはすでに『見えない砂』が入っているからである。
見えない砂とは、食事や睡眠、トイレ、仕事、通勤など、削ることのできない時間のことである。
多くの人は見えない砂の量を考慮せずに、「あれも入れたい、これも入れたい」と考えてしまう。
だから、いつも「今日も思ったより入らなかった」「毎日全然入らない」というストレスを抱えてしまうことになる。

見えない砂の量は、日によって異なるから、なかなか予測が立てずらい。
しかし、しばらく記録を取ってみると、○曜日は多めだとか、月末には多くなる、というように、だんだんと傾向がわかってくる。
傾向がわかってくると、今日はどれくらい宝石が詰められそうかが読めるようになってくる

なんというすばらしいたとえでしょうか。

隙だらけの比喩表現も時々見かけますが、この比喩には隙がありません。
『見えない砂』(削れない時間)を見えるようにし、今日はどれくらいの『宝石』(やりたいこと)を入れられるか予測が立てられるようにする。
そのためにまずは記録が大事だ、ということです。

 

計画ベースと記録ベース

よくPDCAサイクルが大事だと言われます。
学校現場でも伝家の宝刀のように何かにつけて『PDCAサイクルで・・・』という言葉が使われています。

しかし、PDCAサイクルは計画ベースなので、理想ばかりが先行して、無理をしすぎてしまうことが多い、といいます。

それに対して、まず記録を取ってみるやり方(=記録ベース)は、現状を出発点としてそれを少し変えるだけなので無理が少なくて済みます。
そういう意味でもまずは記録が大事なのだそう。

 

1週間分の記録があれば、168時間後の自分がわかる

そうしてまずは記録を貯めていくこと。 そうすると、行動のパターンが見えてきます。 削れない時間がわかり、やりたいことがいつできるかがわかります。 行動のパターンが1週間分あり、やりたいことを間に入れていけば、168時間後に自分が何をしているかわかるのです。

 

ツールを使う

しかし、1日の記録をノートに書き出していこうとするとかなりしんどい。
その作業を少しでも楽にするためにツールを使う。
そのためのツールが『TaskChute』です。

タスク管理ツール・TaskChute2 (C)
小手先のテクニックより一生使える技術を身につけるために TaskChuteとは、僕自身の考える理想の仕事の進め方をそのまま形にしたタスク管理ツールです。 これまでに数え切れないくらいのタスク管理ツールやそれに類するツールを試してきました…


他のツールでも良いのですが、TaskChuteを使うと、開始時間、終了時間、見積もり時間などが容易に記録できるのです。

 

ストレスにならないレベルまでハードルを下げる

記録する、と言ってもどの程度まで記録すれば良いのでしょうか?

はまさんやライフハック心理学の佐々木さんは1分単位で記録しているらしいですが、それは初心者にとってはとても難しいです。

ここが一番のハードルではないかと思います。

ライフハックに興味がある人は、だいたい向上心が高く、自分に厳しく、まじめなので、そうやらなければダメなんだと思ってしまいます。
それで1分単位で記録し、計画するのですが、結局やりきれずに挫折してしまいます。
かくいう私もそのひとりです。(私はまじめではないですが)

そのことについて、はまさんは 「ストレスにならないレベルまでハードルを下げれば良い」 と言っていました。

つまり、着替え5分、食事12分、歯磨き3分、トイレ1分・・・と記録していくのがストレスならば、まとめて「朝のしたく20分」でも良い、と。
また、個人的にはまさんに質問したのですが、教員や客商売などの場合、仕事中にいちいち携帯やパソコンを出して、細かく記録していくことは不可能です。

その場合はどうしたら良いか?

その場合は「仕事11時間」で良い、とのこと。
詳細な記録を取ることが目的ではないのです。

まずは無理なく記録を取れるようにすること。
それが大事なのだといいます。

それなら私でもできるかもしれない・・・。

今回、はまさんの話を聞いて、またTaskChuteにチャレンジしてみよう!という気持ちになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook