運動は抗うつ剤よりも強力に心を安定させる

投稿日:  カテゴリ: 心理学.
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

2631592532_c0be829ff9

運動をすることは、体の健康に良いだけではありません。

運動は心の安定にもつながる、ということが最近の研究で明らかになってきました。

運動は抗うつ剤よりも強力

1999年にうつ病に悩む人々を対象にある実験が行われました。

グループは3つに分けられ、1つめのグループは4ヶ月間、有酸素運動をするように指示が出されました。
2つめのグループは4ヶ月間、抗うつ剤を服用するように、最後のグループは有酸素運動と抗うつ剤服用の両方を指示されました。

結果は、3グループともに同じ。
3グループとも

「うつ状態が消え、幸福感が増した」

・・・という結果でした。

運動は抗うつ剤と同じように精神を安定させる効果があるのです。

さらに半年間経過観察をしたところ、抗うつ剤を飲んだグループよりも、有酸素運動をしていたグループの方が再発率は少なかったそうです。
運動は長期的に見れば、抗うつ剤よりも効果があるのです。

幸せがずっと続く12の行動習慣

ソニア・リュボミアスキー 日本実業出版社 2012-02-16
売り上げランキング : 1966
by ヨメレバ

脳内ホルモンで精神的な安定を手に入れる

これは脳内ホルモンと大きな関係があります。

運動をはじめて約15分後に、『βエンドルフィン』という脳内ホルモンが分泌されます。
このホルモンには幸福感を増加させる作用があります。
また、鎮痛作用もあります。

それからしばらく運動を続けると、『ドーパミン』という脳内ホルモンが分泌されます。
これはやる気や高揚感を高めるホルモンです。
(ドーパミンは良いことを想像するだけでも分泌されるそうですから、うまく使えばモチベーションコントロールに効果的です)

まだ人間が狩りをして暮らしていた時代。
肉食獣に出会ったら、必死に走って逃げなければなりません。

急激に走るなど、激しい運動をすると筋肉が損傷します。
これは苦痛です。
しかし、そんなことを気にしていては逃げ遅れて死んでしまいます。
そこで、運動をすると、幸福感増大&鎮痛作用をもつホルモンが分泌されるようになったのです。

またこれらのホルモンとバランスをとるように『セロトニン』が分泌されます。
これは鎮静作用を持ち、心を安定させ、ストレスを打ち消し、幸福感を増加させる作用があります。

これらのホルモンの影響で、運動をすればするほど元気になり、ストレスが軽減され、幸福感が増すのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook