TOP» 教育»

セミナーの質を劇的に高める方法(3)後出しのフィードバックはしない

投稿日:  カテゴリ: 教育.
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

IMG_8592

セミナーの質を劇的に高める方法の第3回目は参加者に対するフィードバック、つまり『評価』についてです。

セミナーの質を劇的に高める方法(1) 具体的なゴールイメージを持とう

セミナーの質を劇的に高める方法(2) 『ゴールと内容のズレ』を解消する

 

後出しフィードバック

スキルを教わり、指示に従ってせっせと作業をします。
そして、完成。

講師の方に見てもらうと・・・

「うーん。悪くはないですが、実はこんなやり方もあるんですよ」

「・・・!?(゚Д゚)」

 

・・・というようなことがよくあります。

足し算しか教わっていないのに、いきなり「ここはかけ算でやる方が便利だよ」と言われたら「え?」という感じですよね。
教えていないことをいきなりフィードバックするのは、ジャンケンでいう『後出し』のようなものです。

 

フィードバックは教えた内容についてのみ行う

フィードバックは『教えた内容についてのみ』行うべきです。

教えた内容ができているかどうかを確認するのが、フィードバックなのです。
そこでいきなり新しい項目を持ち出してはいけません。

フィードバックは参加者を試したり、ひっかけたりするために行っているわけではありません。
また決して能力判定のために行うものでもありません。

 

次のトピックで改めて教えればよい

では、
(・・・あっ、まだ教えてないけど、ここはもっとこうした方が便利なのに・・・。)
・・・という時はどうすれば良いか?

その気持ちは一旦、講師の胸のうちに収めておきましょう。

そして、次のトピックで改めて教えれば良いのです。

むしろとても良い足がかり(導入)になります。

「それでは次の項目に入ります。先ほどAさんがこんな風にやってくれました。最初に教えたスキルがしっかり身についていますね。
しかし・・・!
実はこれについてもっと良い方法があるのです。」

というように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook