TOP» 教育»

セミナーの質を劇的に高める方法(1) 具体的なゴールイメージを持とう

投稿日:  カテゴリ: 教育.
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

a0008_001786

これまでいろいろなセミナーに参加してきました。

その中で、教えることを生業としている者として「ここをこうすればもっと良いセミナーになるのに・・・!」と感じることがたくさんありました。

そこで今回は、教育現場で使われているノウハウなどを紹介し、『セミナーの質を劇的に高める方法』をお教えします。

 

具体的なゴールイメージを持とう

セミナー終了後、参加者がどうなっていてほしいか?という具体的な姿、すなわち『ゴールイメージ』を具体的に思い描くことが大切です。

「これは教えたい!」「これは教えるべきでしょ!」という思いがたくさんあるのはわかります。
でも、教える内容先行で考えていくと、たいがいは内容過多、詰め込み型の講義におちいり、参加者は消化不良を起こしてしまいます。

セミナーを終了した時点での参加者の姿(変化)を思い描き、それを達成するために必要なことを精選して、内容を汲んでいきましょう。

 

ゴールイメージの3パターン

ゴールイメージには3つのパターンがあります。

  1. 参加者の気持ちが変わっている
  2. 参加者が新たなスキルや知識を身につけている
  3. 参加者が新たな物の見方・考え方を身につけている

・・・という3つです。

1.参加者の気持ちが変わっている

参加者の気持ち、姿勢、心の持ち方を変えることが目的のセミナーです。
どうすれば気持ちを動かせるかに尽力しましょう。

2.参加者が新たなスキルや知識を身につけている

新たなスキルや知識を身につけてもらうためのセミナーです。
一番多いのはこのタイプのセミナーでしょう。

3.参加者が新たな物の見方・考え方を身につけている

ある物事についての見方や考え方を変えたり、新たな視点を持ってもらうためのセミナーです。

例えば、地球温暖化対策について学び、リサイクルという視点から、生活を見直すことができるようになる、というような。
このセミナーの目的は地球温暖化についての知識を身につけることではなく、あくまでも新たな視点を身につけることです。
が、ゴールイメージをしっかり持っていないと、知識の伝授に終始してしまうので気をつけましょう。

 

ゴールイメージを明確に!

これらのゴールイメージはできるだけ具体的に思い描くことが大切です。

「気持ちを変化させる」ではなく、「今日紹介した3つのポイントの中の1つでも、明日から実践してみようという気持ちにさせる」というように。

まずはこのようにゴールイメージを具体的に持ってセミナー内容を組むことが大切です。
まずは目標ありきです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook