TOP» 音楽»

音楽はなぜ生まれたか?音楽の起源を探る!!

投稿日:  カテゴリ: 音楽
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

音楽が無くなっても死ぬ人はいません。
でも、音楽は世界中にある。

なぜでしょう?

そもそも音楽はなぜ生まれたのでしょうか?
今日はその謎を探ってみましょう。

a0002_000618.jpg

 

 

音楽の起源に関する諸説

音楽はなぜ生まれたのか?
それについて、多くの学者が様々な説を提唱してきました。

今日はその一部を簡単に説明しましょう。

 

言語抑揚説(言語起源説)

話し言葉の抑揚から歌(音楽)が生まれたという説。
かの有名なフランスの思想家ジャン・ジャック・ルソーもこの説を提唱。

 

求愛起源説

音楽をやることによって、文化的、リズム感、身体能力がある、音楽をやるだけの余裕がある、ということを異性にアピールできる。
つまり異性を引き寄せるために音楽が生まれたとする説。

進化論で有名な生物学者ダーウィンの説。

※現代でも音楽をはじめる人の8割ぐらいはこの目的ではじめるのではないか・・・?

 

感情表現説

人間の感情が高まった時の声(泣き声、笑い声、雄叫び)が歌になったという説。
心理学者のヴントの説。

 

労働起源説

集団で作業をする時の「かけ声」が音楽の起源であるとする説。

例えば、「ワッショイ!!ワッショイ!!」などのかけ声は、作業にリズムを生み、集団の一体感を生みます。
また疲労感を軽減する効果もあります。

※実際に多くの民謡(ソーラン節など)は労働が起源です。

 

呪詛起源説

魔術や宗教的儀式のために生まれたという説。

実際に宗教において音楽は、神と交信したり、トランス状態をつくったりするのに不可欠です。

※読経や詠唱もその一種か 主なものはこの5つです。
他にも脈拍が起源だという説や、遊びの中から生まれたという説などたくさんあります。

 

著者はどう考えているか

言語抑揚説については支持しません。
音楽と言語の誕生時期はほぼ同じぐらいと考えられるからです。

また労働起源説についても支持しません。
農耕など集団労働が行われるようになったのは、音楽が誕生するよりもかなり後だからです。


ではどれを支持するかというと、それ以外の3つ、「求愛起源説」「感情表現説」「呪詛起源説」です。
これらのどれかひとつという訳ではありません。

鳴き声に音程やリズムをつけて、求愛したり、感情を表現したり、神と交信したりしているうちに、なんとなく音楽というものが形づくられていったのではないか、と考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook