【タスク管理超入門】やるべきことを明確にしよう!タスクとはなにか?

投稿日:  カテゴリ: ライフハック
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

仕事を少しでも効率的に進めたい!!

そう思って仕事術やライフハックを学ぶと必ず行き着くのが『タスク管理』。

しかし「そもそもタスクって何?」という人も実はたくさんいますよね。

・・・ということで、タスク管理の超基本!
タスクとはなにか?というところからおさらいしてみましょう!

399726101_bb2d0a7d75_z.jpg

 

 

タスクってなに?

タスクとは『やるべきこと』です。

私たちは仕事・プライベート問わず、たくさんの『やるべきこと』を抱えています。
例えば・・・ ・歯を磨く ・タイムカードを押す ・昨日つくった書類を上司に渡す ・・・などなど。

このように、あなたが今抱えている『やるべきこと』をタスクといいます。 (TODOとも言う)



タスク+タスク=プロジェクト

では、次のようなのものはどうでしょう?

・企画書を書く
・部屋の片付け
・旅行の計画を立てる

これらのものは『プロジェクト』と呼ばれることが多いものです。


プロジェクトとは、『目的を達成するために、複数のタスクを処理しなければならないもの』のことです。
例えば、『部屋の片付け』というプロジェクトには

・机の片付け
・本の処分
・本棚の整頓
・床の掃除

などたくさんのタスクが含まれています。
こういうもののことをプロジェクトといいます。



タスクとスケジュールの違い

タスクと混同しやすい言葉に『スケジュール』があります。

広義にはスケジュールはタスクの一種なのですが、タスクとは区別した方が良いでしょう。


では、タスクとスケジュールの違いはなにか?
それは『やるべき時間が決まっているかどうか』です。

タスクは〆切りは決まっていても『やるべき時間』までは明確に決まっていません。

例えば、『昨日つくった書類を上司に渡す』というタスク。
これは、いつ渡すのか『やすべき時間』が決まっていないのであれば、スケジュールではなくタスクです。
今日中に渡す、という緩い〆切りの場合にもタスクと言われることが多いです。

しかし10時に上司が出張に出かけるので、9~10時に渡すと決まっていれば、これはスケジュールになります。
タスクの中でも「絶対にこの時間にやるべき!」と厳選されたものが、スケジュールなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook