TOP» 音楽»

コンサートを聴きに行く際に気をつけたい4つのマナー

投稿日:  カテゴリ: 音楽.
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

4068325831_3f06a60f40

クラシック系のコンサートに行く際にはいくつか気をつけるべきマナーがあります。
マナーが守れないと、自分が恥をかくだけでなく、周りの迷惑にもなります。

今日はコンサートを聴きに行く際に気を付けたい4つのマナーをご紹介しましょう。

1.演奏中は移動しない

基本的に演奏中は席を立ったり、移動したりはできません。
演奏途中で会場内に入ることもできません。(曲と曲の間なら入場可能)

時間に余裕をもって会場に到着するようにしましょう。

 

2.演奏中にケイタイをいじらない

演奏中に着信音を鳴らさないというのは最低限のマナーですが、演奏途中にケイタイをいじるのもマナー違反です。

客席内は暗いのでケイタイの画面がすごく目立つのです。
ケイタイの明かりによって、演奏者や聞いている人の集中力がとぎれてしまいます。

 

3.指揮者が棒を上げたら音を立てない

指揮者が指揮棒を上げる時は、とても緊張感が高まる瞬間です。
そこでおしゃべりをされたりすると、一気に緊張感が途切れてしまいます。

咳払いやくしゃみは生理現象なので、演奏中にしても仕方ありませんが、指揮棒をバッと上げた瞬間だけは避けるようにしましょう。

 

4.演奏終了後、すぐに拍手をしない

演奏が終了すると、間髪入れずに拍手をする人がいます。
こういう人は結構多いです。

実はこれはマナー違反です。

演奏が終了し、少しの間を空けて、指揮者が指揮棒をおろします。
拍手はその後です。

演奏終了後の間や余韻も含めての演奏ですからね。

 

おまけ:ちょっとオシャレして行く

これはマナーというほどのものではないのですが、普段よりもちょっとオシャレしていくと、自分の気持ちも盛り上がり、もっとコンサートを楽しめるでしょう。

せっかくのコンサートですから。
非日常を楽しみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook