あなたの心を強くする『言葉のお守り』を持とう!

投稿日:  カテゴリ: ライフハック, 心理学.
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

5145100575_8f5908a871

人から何か言われて傷ついたり、ストレスを受けたりすることってありますよね?
そんな時に役立つのが、あなたの心を強くしてくれる『言葉のお守り』です。

以前、『捨てる 忘れる 考えない!ストレスフリーで仕事をするための三原則』という記事で、ストレスフリーで仕事をする方法を紹介しました。

しかし、いくら身の回りをスッキリさせ、タスク管理をして、ストレスを減らしても、周囲の人から受けるストレスは中々減らすことはできません。
人から受けるストレスは時として突発的であり、回避できないものも多いです。

そういう時にあなたを勇気づけてくれる『言葉のお守り』があると、ストレスにも負けずに進んでいけますよ!

 

 

私の言葉のお守り

私の『言葉のお守り』は次の3つです。
人からイヤなことを言われた時、くじけそうな時、自分に負けそうな時、この言葉を思い出します。

      • 努力は報われる
      • かくすれば かくなるものと知りつつも 止むに止まれぬ大和魂(吉田松陰)
      • 世の人は我をなんとも言わば言え 我がなすことは我のみぞ知る(坂本龍馬)

 

努力は報われる

これは誰の言葉、という訳ではありませんが、いつも私を励ましてくれる言葉です。

努力は必ず報われます。
報われなかった時は努力が足りなかったと思ってまたがんばる。

そう思って生きてきました。

 

かくすれば かくなるものと知りつつも 止むに止まれぬ大和魂(吉田松陰)

高杉晋作や伊藤博文を育てた幕末の思想家 吉田松陰の言葉です。
この言葉は大学時代に、部屋に掲示してありました。

「どうせやっても無駄だろう」「あの人に言っても無駄だ」なんてあきらめてしまいそうな時、この言葉を思い出します。
あきらめていないで、とにかくやるだけやってみよう!と思えます。

ちなみに吉田松陰は

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし

なんて言葉も残しています。
ライフハック的にはこちらも名言ですね。

 

世の人は我をなんとも言わば言え 我がなすことは我のみぞ知る(坂本龍馬)

いわずとしれた坂本龍馬の名言です。
(幕末好きなんですw)

他人の心ない批判をされた時なんかに思い出します。

人はとても安易に他人を批判するものです。
心ない批判に負けないで、心を強く持ちましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook