他人の目が気になるあなたへ!花のように幸せに生きるための2つの指針

投稿日:  カテゴリ: ライフハック, 心理学.
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

medium_1744832515

人を喜ばせて感謝されることは、人生のもっとも大きな大きな喜びのひとつです。
一度、その喜びを感じた人は「もっと人を喜ばせたい」「もっと感謝されたい」と思います。
人を喜ばせることは人生の大きな指針のひとつです。

しかし、それを気にしすぎてしまうと、喜びは逆に大きなストレスとなってしまいます。
より幸せに生きるためには、人を喜ばせることとは別にもうひとつの指針が必要です。

 

花は誰がために咲く?

有名な禅語にこういう言葉があります。

百花春至誰為開
・・・百花 春至って 誰が為にか開く
(ひゃっかはるいたって、たがためにかひらく)

花は誰のために咲くのか?という問いかけです。

花が咲くのは誰かのためではありません。
花はただ咲くのです。

花は誰かを喜ばせたいとか、誰かのためにとか、そういうことのために美しく咲いている訳ではありません。
ただひたむきに、ただ凜と咲くだけです。

 

2つの基準

人を喜ばせて感謝されることは人生の大きな指針です。

しかし、それが行き過ぎると大きなストレスとなります。
常に誰かのため、評価のため、人を喜ばせるため、と他人の目を気にして生きるようになってしまうからです。そこにはもはや喜びはありません。

このジレンマを解消するためには、もうひとつ、大きな指針を持つ必要があります。

それは花のように生きることです。

花のように、誰のためでもなく、ただひたむきに咲くのです。
評価うんぬんではなく、あなたのやるべきこと、いまやるべきことを、ただひたむきにやるのです。

この2つの指針は全く正反対の性質をもつものですが、自分のやるべきことをただひたむきにやることは結果として、他人を喜ばせることにもつながります。

打算無く、無心で凜と咲く姿が美しいのです。
そしてその姿が人の心をうち、人を喜ばせるのです。

 

    • 人を喜ばせること
    • ただひたむきにやること

他人の目が気になってしまうというあなた、ぜひこの2つの指針を胸に生きてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook