忙しい日々に追われながら
幸せだとか不幸せとか忘れていて
とても小さな別れの歌を口ずさんだ
たくさんの疑問符たちを飲み込んでた
(GLAY『カーテンコール』より)

最近、急にこの歌を思い出しました。

GLAYはアラサー世代の青春のヒーローです。
カセットが擦り切れるほど夢中になって聴いたものです。
GLAYを聴くと、あの頃の戸惑いや不安、希望、甘酸っぱい感情がありありと蘇ってきます。

・・・ということで今回は、いま、改めて聴いて欲しい、GLAYの名曲BEST5を紹介します。

 

GLAYの名曲BEST5

 

1.HOWEVER

1位はやはり定番。HOWEVERです。

TERUさんが情熱的に歌うのをアップで映したモノクロ映像のPVも印象的でした。
GLAYを国民的なバンドへと成長させた1曲です。

当時、多くの高校生バンドがこの曲をコピーしたものです。
私もバンドではじめてコピーしたのはこの曲でした。

 

2.BELOVED

これも定番。

イントロのギターソロが超有名です。
当時、ギター少年なら誰でもこのイントロ部分を弾けたという・・・。

 

3.ずっと2人で・・・

結婚式の定番ソングです。

しっとりと語りかけるようにはじまり、次第に情熱的になっていくエモーショナルな曲です。

 

4.カーテンコール

冒頭で一節を紹介した曲です。

当時は「良い曲だなー」ぐらいにしか思っていなかったのですが、いま聴くと感慨深いものがあります。

 

5.春を愛する人

初期の名曲。

さわやかな曲で、あの頃の前向きな気持ちが蘇ってくる曲です。