TOP» 音楽»

上昇志向?サークル志向?アマチュアバンドの運営は難しい

投稿日:  カテゴリ: 音楽
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook

ロックバンド、ジャズバンド、吹奏楽団など、さまざまなアマチュアバンドに所属してきましたが、アマチュアバンドはとても運営が難しいものです。
どこのバンドでも必ず、よりうまくなることを目指す『上昇志向』派と、仲間や楽しむことを第一に考える『サークル志向』派の対立があるからです。

私は長年これらの問題と向き合ってきました。
現時点で私がもっとも有効だと思う解決策は、両者の妥協点を探していくことです。

P9221050

 

上昇志向とサークル志向の対立

ほとんどのアマチュアバンドでは、上昇志向vsサークル志向という対立を抱えています。

上昇志向派の意見は、
・少しでもうまくなっていくことが楽しい
・ただなんとなく集まって演奏するだけでは意味がない
・下手な演奏をしてはお客さんに失礼。良い音楽を届けたい
・・・というような意見。

サークル志向派の意見は、
・仕事や家庭もあるので、バンドばかりを優先させることはできない
・仲間で集まって楽しく演奏することが大事
・お客さんも大事だが、趣味でやっているのだからまずは自分たちが楽しむことが大切
・・・というような意見が多いようです。

 

アマチュアバンドの宿命

アマチュアバンドはどこもこのような問題を抱えています。
まず大前提として、それを承知の上で、バンド活動をすべきです。

いまのバンドを抜けて他のバンドに入っても(つくっても)、毎回、同じような問題を抱えることになります。
これはアマチュアバンドの宿命なのです。

この問題が原因で、バンドを解散させたり、バンドを抜けたりするのはバカげています。
この問題から逃れるためには、プロになるか、アマチュアバンド活動を辞めるかしかないのですから。

それにバンドを解散したら、仲間も、演奏する場も、楽しむ場も、技術を向上させる機会も失うことになります。バンドを解散させてしまっては意味がないのです。
(もちろん、時にはそういう英断も必要ですが)

 

妥協点を探る

だからこそ、この問題に対する最良の解決策は、両者の妥協点を探ることです。

冷静に、両者の意見を聞いていけば、上昇志向と、サークル志向、ふたつの円が重なり合う部分が見つかるはずです。

私がバンド少年だった頃は、『妥協』なんて言うと、「それは汚い大人の考えだ。オレたちは自分の音楽に対して妥協なんてしない!」と言っていたと思います。
しかし、それは傲慢な考えです。
音楽に『完成』『完全』『完璧』はないので、この世にあるすべての音楽は程度の差こそあれ、すべて妥協の産物なのですから。

ちょっと話がそれましたが、とにかく妥協点を見つけていくのが得策です。
上昇志向の人たちはサークル志向の仲間を切り捨ててでも上を目指すつもりなのか?
サークル志向の人たちは1ミリもうまくなるつもりはないのか?

その辺を突き詰めて考えていけば、妥協案に迫れるはずです。

 

目的がないと凝集性は生まれない

ただひとつ気を付けてほしいこと。
ただの仲良し集団には『凝集性』がありません。

凝集性とはチームとして、集まる力のこと。

目的や目標、意味が無いと、人は動きません。
だからチームとして集まる力(凝集性)が生まれないのです。

学生時代の仲間ならまだしも、大人になってからつくったバンドならば尚更です。

サークル志向のバンドはそれはそれで楽しいものですが、長続きさせるためには、ただの仲良し集団ではなく、それプラスアルファの部分が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook